歯科診療と救急治療

歯科にもある緊急治療

歯科で緊急治療を受ける

急な虫歯の痛みなどで歯科医院に診てもらいたいけど、もう診療時間が終わっているケースがあります。この場合、病院に診てもらうには2つの手段があります。まずは、市民病院や大学病院など大きな病院の救急外来で診てもらう方法です。もう一つは住んでいる自治体に休日や夜間での急患を診てくれる診療所にかかる方法です。ただし、自治体の急患診療所は歯科の虫歯など応急的な治療のみになりますので、事故やケンカで口が裂けた等の外傷がある場合などは大きな総合病院へ行かないと治療ができない場合があります。いずれも保険診療になりますので、救急ではありますが健康保険証を忘れずに行くことが必要です。

救急で診てくれる歯医者の存在

日頃から抱えている歯の痛みは思わぬタイミングで急激に重くなったり、耐え難い刺激となって襲ってきたりするものです。平日ならばすぐに歯科に駆け込むことも可能ですが、これが土日や祝日、あるいは時間外の場合にはそうはいかず、その対処に困ってしまうことでしょう。そんな時に頼りになるのが救急診療を行ってくれる医院です。救急対応であれば、その時点での強烈な痛みや早急な処置が必要な歯の怪我などにも応急処置を施してくれます。ただし、これらの診療を行っている医院の数は少なく、まずは歯科医師会などのホームページで確認し、電話できちんと確認してから訪れることが求められます。

歯科衛生士のお仕事情報

© Copyright 歯科衛生士はどんな仕事か. All rights reserved.