歯科技工士のもつ役割

歯科技工士について知ろう

歯科技工士ってどんな仕事?

歯科技工士は歯医者さんに依頼されて入れ歯や差し歯、歯に詰める物を作ります。厚生労働大臣が認定する国家試験に合格しなければならず、国家試験を受験するためには指定された歯科技工士養成学校(昼間なら2年間、夜なら3年間通学する)を卒業しなければなりません。国家試験に合格しても就職するためには医療機関の就職試験があれば合格しなければなりません。普段は歯医者の中でも患者さんからは見えない場所、もしくは歯医者とは別の場所で働くことになります。腕のいい歯医者さんが患者さんに認められるためには高い知識と技術を身につけなければなりません。

医療専門職である技工士

歯科技工士は、歯に問題がある場合は、医師の診断に基づいて義歯、金冠塗布、矯正装置のような処方を受けることになるがこのような歯の代替物や装置物を製作し、処理する業務を担当します。技工士になるためには、専門学校や大学の技工科で3年、4年の教育を必要とし、卒業後、診療を行う医療機関や技工所に就職でき、技工所を開設し運営することもできます。歯科医師と共に歯に必要なすべての補綴物を作る高度の医療専門職であるため、高齢者の増加と生活レベルの向上で歯を単に咀嚼機能だけでなく、審美性から健康面にまで関心が高まるようになり、その需要は増えるようになりました。

歯科衛生士のお仕事情報

© Copyright 歯科衛生士はどんな仕事か. All rights reserved.