歯科衛生士の業務とは

歯科衛生士はどんな仕事か

歯科衛生士の仕事内容について

歯科衛生士の仕事内容は、予防処置・保健指導・診療補助を行います。予防処置とは虫歯や歯周病の原因となるプラークを取り除いたり、虫歯予防のフッ素をぬったりします。保健指導とは、小児の歯の発達や虫歯予防の指導・歯磨き指導・歯に関する健康相談などを行います。診療補助とは、医師の支持を仰ぎながら歯科診療や治療の補助を行います。診療器具の準備や滅菌・レントゲンの補助などをします。大きな病院と診療所やクリニックでは、仕事内容がかわります。診療所やクリニックでは、診療報酬の請求などもしなくてはならない場合があります。

衛生士が行う治療内容について

衛生士は、歯科医師の診療を補助し、患者のスケーリングなどの衛生に関する業務を行う医療技士です。地域住民と歯の疾患を持つ人々を対象に、口腔の健康教育、予防処置、診療協力や経営管理をサポートして国民の口腔の健康増進を担当する専門職です。衛生士は、一般の人が口腔診療室で必ず会う歯の専門家で歯科病院、総合病院をはじめ、地域社会保健所、公立医療機関、産業保健室、学校口腔保健室、口腔保健研究機関などで教育的、臨床的、治療的サービスを提供して口腔の健康を増進させることにより最適の全身健康を維持するようにすることに従事しています。

歯科衛生士のお仕事情報

© Copyright 歯科衛生士はどんな仕事か. All rights reserved.